2020/02/23

日本のバー誕生の地 横濱の話⑩ パーヴィス


 明日2020年2月24日は、日本(横浜)にBARが誕生して160周年となります。

当日は横浜の元町クリフトサイドにて「横濱Bar'sデー160チャリティー・イベント」が開催されます!


そして本日、自分は八戸のセミナーにて日本のバーの歴史をお話しに来ています^ ^


日本のカクテル歴のターニングポイントとなった年は1974年です。

本日は1874年に横浜でカクテルバーを本格的に始めたパーヴィス(G.T.M. Purvis)氏の話です。

イギリス人の退役海軍大佐のパーヴィス氏は、1870年春に横浜港船舶管理のために横浜港湾長に任命され来日した人物です。

1868年に横浜外国人居留地に開業したインターナショナルは、1974年7月1日にホテルを経営していたカーティス氏からパーヴィス氏に譲り受けました。


パーヴィス氏が経営して約1ヶ月後には、2つ隣のグランド・ホテルとの激しい反目もあり、差をつける為にBARを充実させました。

パーヴィス氏は、ジェリー・トーマス氏のカクテル本を持っていたのか?カクテルに詳しかかったのか?自らファンシードリンク(カクテル)のサーブを始めます。

パーヴィス氏のカクテル・メイキングは、日本のカクテル史の始まりとしてチャールズ・ワーグマン氏の風刺画英字新聞ザ・ジャパン・パンチに取り上げられていました。

しかしカクテル・メイキングはパーヴィス氏にとって難しかったようです。

ジェリー・トーマス氏のシグネチャーである"ブルーブレーザー"の練習としてスローイングに挑戦し、上手くいかず、汗をかくパーヴィス氏が描かれています。



絵に描かれるボートには"Ice Extra"と書かれており、横浜では氷が充実してきた時代でしたが、氷は高価で別料金でサーブされた様子もわかります。

1974年9月、自身のカクテルサーブが上手くいかなかったからなのか?前オーナーのカーティス氏が既に準備をしていたのか?詳しい事は不明ですが、カクテルの本場アメリカからバーキーパー(バーテンダー)を招聘し迎える事になりました。

ジェリートーマス氏がいたとされるサンフランシスコからわりと近いヴァレーホから遂にカクテル作りのプロフェッショナルが横浜にやって来ます。



アメリカン・バーキーパーが来日した日は、1974年9月3日。

1874年9月4日には英字新聞にインターナショナルホテルの広告が出ていました。



カクテルがサーブされ始めたのは1974年9月6日のことでした。

次回⑪では、アメリカ・ヴァレーホから来日したバーテンダーに話です。






2020/02/22

2020年2月23日はフェルディナンズ・セミナーとフェルディナンズ・ナイト開催


2020年2月23日〜24日は、青森県八戸市に訪問致します。

23日は八戸のark LOUNGE & BAR様にて久保 俊之さんとフェルディナンズ・ブランドのカクテルをサーブする【Ferdinand's Night】が開催されます!



またセミナーも開催!

日本のバーの歴史やフェルディナンズ・ブランドセミナーも開催させて頂きます。

2020/02/21

クラフトジン箱根


箱根限定のマニアックな国産ジン【クラフトジン箱根】が入荷致しました!

湘南ゴールド、片浦レモン、箱根産ミントをボタニカルに造られたジンです。


是非お試し下さいませ!