2019/10/17

カクテルバー・ネマニャ6周年記念イベント!


 平素はカクテルバー・ネマニャをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
皆様の温かいお気持ちに支えられて、お陰様で10月で6周年を迎える事となりました。

今年の周年イベントは満を持しての登場!!!
青森・八戸の名店・ark LOUNGE&BAR のオーナー・バーテンダー久保俊之氏率いるスーパー・バーテンダー軍団「チーム八戸」の皆様がネマニャのカウンターに立ってくださる事になりました。

数々のカクテル・コンペティションで優勝・入賞歴がある凄腕揃いの3名。カクテルバー・ネマニャ初のゲストシフトです。

皆様で美味しいカクテルを飲みながら楽しいひと時をご一緒できればと思っております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!



【FBページのイベント参加ボタンだけではご予約となりませんのでご注意願います。】

■■■■■ イベント詳細 ■■■■■

日時:2019年11月3日(日・祝) 19時から22時
場所:カクテルバー・ネマニャ
横浜市中区相生町1-2-1 パレカンナイ6階
会費:8500円(税込み)

★当日はゲストバーテンダー3名のカクテルを含むフリードリンクとなります。
(赤白ワイン、ウイスキー、焼酎、日本酒、ソフトドリンクなどご用意致します)

★この日の為にご用意したスペシャルボトルも口開けします。

★お食事のご用意もございます。内容は当日のお楽しみです。

★お席はカウンター席若しくは大テーブルでのご相席となります。

★席数に限りがございますので、完全予約制となります。

★FBページのイベント参加ボタンだけではご予約となりませんのでご注意願います。

★ご予約は店頭、電話(045-664-7305)、メール(mail@bar-nemanja.com)、FBのメッセージでお願い致します。

★メール及びFBのメッセージに関しましては、当方からの返信を持ちましてご予約受付とさせていただきます。
24時間経っても返信が無い場合はこちらに届いていない可能性がございますので、お手数ですがお問い合わせくださいませ。

★ご不明な点、ご質問等などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。


■■■■■ ゲスト・バーテンダーご紹介 ■■■■■

久保俊之氏(青森・八戸 ark LOUNGE&BAR オーナー・バーテンダー)
茂内真理子氏(青森・八戸 Bar Rose Garden オーナー・バーテンダー)
岡沼弘泰氏(青森・八戸 SHADOW BAR オーナー・バーテンダー)


2019/10/16

NEMAブランドの自家栽培ニガヨモギ


NEMAブランド用に八ヶ岳で自家栽培しているニガヨモギ。

台風にも負けずすくすく沢山育ております!




2月に発売したNEMAアブサンですがご要望も多かったので来月発売に向け少しレシピを変えてお造りしたいと思います!

2019/10/15

2019横濱インターナショナル・カクテル・コンペティション結果発表


 昨日はワークピア横浜にて「2019横濱インターナショナル・カクテル・コンペティション」が開催されました!

入賞結果は以下でした!

  フレア部門

グランプリは、台湾のRICK YEH 選手
準優勝は、YANG,REN-JHIH 選手


クリエイティブ部門

グランプリは、土田勇人 選手
準優勝は、斎藤麻美 選手


クラッシック部門

グランプリは、牧野秀亮 選手
金賞は、櫻井悠奈 選手
銀賞は、馬場裕之 選手
銅賞は以下の6名
松村竜平 選手、川原羊右 選手、久保田勇 選手、高橋芳明 選手、松本勇人 選手、野間真吾選手



特別賞は以下の2名
WU,YI-CHEN 選手
TSAI,WEI-TING 選手


台北バーテンダー協会特別賞
松村竜平 選手

テクニカル賞
牧野秀亮 選手



ご来場下さった皆様、ご協力ご協賛を頂きました石川酒販様ならびに各社酒類メーカー様、有難うございました!

また選手の皆様、大会運営スタッフの皆様、審査員の皆様、お疲れ様でした!

また来年も開催を予定しておりましてご協力・応援をお願い申し上げます!




2019/10/14

2019横濱インターナショナル・カクテル・コンペティション開催中

2019年10月14日(祝日・月曜日)、ワークピア横浜にて「2019 横浜インターナショナル・カクテル・コンペティション」が開催されています!



是非ご来場お待ちしております!

2019/10/13

本日10月13日は振替営業致します


この度の台風19号で被害に遭われました皆様、心からお見舞い申し上げます。

本日のカクテルバー・ネマニャは、18時から23時で振替営業させて頂きます。



どうぞ宜しくお願い致します。

2019/10/12

日本のバー誕生の地 横濱の話④ 横濱ユナイテッド・クラブ

日本でカクテルがサーブされたのは何年から?

日本初のホテルと言われる「ヨコハマ・ホテル」が1860年2月24日に完成し、その中に日本初となるバーが誕生した。

ヨコハマ・ホテルには、意外にも様々な酒類が卸されていた事が解りましたが、カクテルがサーブされていた記録は出てきていません。

1860年代にシェリーやカクテルを社交クラブで楽しんだとイギリスの軍人が証言した記録もある。

その社交クラブとは【YOKOHAMA UNITED CLUB(横濱ユナイテッド・クラブ)】である。

海外のサイトでもヨコハマ・カクテルが横濱ユナイテッド・クラブで創られたのではないか?と書いているものもあり、少なかれ Y.U.C ではカクテルが飲まれていた様です。

1863年に横浜外国人居留地に「横濱ユナイテッド・クラブ」設立されました。

同年12月1日にイギリス近衞海浜隊のW.H.Smith氏により似た名前のクラブ「UNITED SERVICE CLUB(ユナイテッド・サービス・クラブ)」が設立され、設立当日にはクラブの劇場で横浜のアマチュア劇団による「ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド」公演されました。

しかし一年が過ぎたばかりの12月15日にユナイテッド・サービス・クラブが火災を出し焼け落ちてしまい、横濱ユナイテッド・クラブと合併します。

1866年1月のザ・ジャパン・パンチに 横濱ユナイテッド・クラブのバーの光景が描かれていました。


ヘボン夫人から英語を学んでいた日本の青年が葉巻とカクテルらしきものを楽しむ絵が描かれます。
噂ではこの青年がこの時飲んでいたのはビールとも言われておりますが、ザ・ジャパン・パンチの筆者チャールズ・ワーグマン氏は、少なかれシャンパンやカクテルを楽しむ姿を横濱ユナイテッド・クラブで見ていたと推測され、この様な絵を描いたと思います。

1866年夏には、横濱ユナイテッド・クラブが918坪ある海岸通り5番に移転します。
新しい横濱ユナイテッド・クラブはW.H.Smith氏により運営されバーとビリヤード室、ボーリング場も設置されました。

1868年には会員制のホテルの経営をはじめ、更なるおもてなしに力を注いだと言います。

1876年にW.H.Smith氏は責任者として解任され、新たにWm.Wilkinson氏が会長に就任しますが年度ごとに会長が選出され運営されていく様になりました。

下の絵は新しく就任された横浜ユナイテッド・クラブ会長の絵。


1884年1月には横濱ユナイテッド・クラブは「クラブ・ホテル」として改修され、一角を横濱ユナイテッド・クラブ(居留地5番A・クラブホテルは5番B)と名乗ったと言います。

下は当時の横濱ユナイテッド・クラブとクラブ・ホテル。

左がクラブ・ホテル、右が横濱ユナイテッド・クラブです。


1901年には隣の居留地4番に移転。

1923年9月1日には関東大震災で横濱ユナイテッド・クラブも倒壊し閉鎖となる。

1860年代に横浜でカクテルは飲まれていたと思われますが、カクテル名が出てこないため、どのようなカクテルが飲まれていたのかは未だに不明です。

カクテルが横浜で盛り上がりはじめるのは1870年代の様です。

次の⑤ではカクテル・メイキングには欠かせない氷を調べてみたいと思います。

氷はドリンクにいつから使われたのか?点が繋がってカクテルにたどり着くと嬉しいです。

まだまだ調べてみます!

2019/10/11

本日の営業は23時までとなります


平素はCocktail Bar Nemanja をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

台風19号の接近に伴い、本日10月11日(金)の営業時間を18時から23時までと変更させていただきます。

また明日10月12日(土)は臨時休業とさせていただきます。

ご不便・ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。


10月13日(日)に振替営業をさせていただく予定ですが、状況次第となりますので、時間等は追ってご案内させてくださいませ。

皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませ。

2019/10/10

2019 横濱インターナショナル・カクテル・コンペティション審査員発表

2019年10月14日(祝日・月曜日)、ワークピア横浜にて「2019 横浜インターナショナル・カクテル・コンペティション」が開催されます。
今年のクリエイティブ部門とフレア部門の審査員は以下になります。

クリエイティブ部門の審査員は以下になります。

以下お名前順不同

中垣繁幸
NPO法人プロフェッショナルバーテンダー機構 岐阜県支部 相談役
株式会社ビストロノミー 代表取締役

大竹学
パレスホテル東京 ロイヤルバー マネージャー
World Class 2011 ワールドチャンピオン

門間輝典
第27回 HBA創作カクテルコンペティション 優勝
品川プリンスホテル TABLE 9 TOKYO アシスタントマネージャー

南雲 主于三
スピリッツ&シェアリング株式会社 代表取締役
都内5店舗のバー オーナー

井谷匡伯
BAR NO'AGE オーナー
横濱インターナショナルCC2016クリエイティブ部門優勝

金高大輝
D.Bespoke Singapore
シンガポール、ジャカルタ、北京で数店舗 オーナー



フレア部門の審査員は以下になります。

フレア・ジャッジ

北條智之
全日本フレア・バーテンダーズ協会 名誉会長
アジア・バーテンダーズ協会 相談役
カクテルバー・ネマニャ オーナー

山本圭介
全日本フレア・バーテンダーズ協会 公式審査員
Rad entertainment 代表取締役

ペナルティー・ジャッジ

熊代綾子
ロードハウス・ワールド・フレア・チックス・ウィズ・フリックス(ロンドン) 2016・2017・2018三年連続優勝

カクテル・ジャッジ

齋藤 恵太
LIQUID WORKS ファウンダー兼プロデューサー
LIQUID FACTORY オーナー

蛯原三奈
The SG Club
ザ・ボタニスト・フォーリジドカクテル・コンペティショ2016 優勝

タイムキーパー&MC

中村純
Dinning&Flair BAR Newjack 店長
全日本フレア・バーテンダーズ協会 ディダクション・ジャッジ

2019/10/09

2019年10月9日の東京観光専門学校フレア・バーテンダー講座


 本日は東京観光専門学校フレア・バーテンダー講座でした。

一限目は、シューター・カクテルの紹介。


二限目は、2ボトルのフレア技とタンデム・フレアの練習でした。

生徒の皆さん、お疲れ様でした!

2019/10/08

ヨモギ・スイッセス


 カクテルバー・ネマニャのシグネチャー・カクテルの一つ「ヨモギ・スイッセス」。

ジファール社の商品を使用させて頂いている事もありジファール・アジア様の公式ページなどでレシピをご紹介頂きました!


掲載のきっかけを作って下さったシンガポール在住のMika様、有難うございました!

カクテルバー・ネマニャでも絶賛おすすめ中!

まだ飲まれていない皆様、是非お試し下さいませ!

2019/10/07

anfa Flair Bartender Champions Cup 2019 結果発表



昨日は2019年10月06日(日)は、名古屋・白龍ホールにてanfa 全日本フレア・バーテンダーズ協会主催のフレア・バーテンダー全国大会「anfa Flair Bartender Champions Cup 2019」が開催されました!

フレアバーテンダーとして志が高い11名が出場致しました。


ファイナルには大田浩司 選手、山下啓示 選手、岡田 秀二郎 選手というファイナリストに相応しいスキルを持った3名が選ばれました。

アキュラシー・チャンピオン(ポアテスト・ラウンド1位)は同点2名
山下啓示(ヤマチャン)選手
岡田秀二郎(ヒデジ)選手


筆記テスト優秀者
大田浩司(ジェード)選手

ベスト・フレア・プレゼンテーション(フレア・ラウンド1位)
山下啓示(ヤマチャン)選手


ファイナル1位 優勝は、フレア歴20年以上のベテラン、大田浩司(ジェード)選手でした!

今回協賛・協力をして下さった各社様、本当にありがとうございました!



またご来場下さったフレア・ファンの皆様もありがとうございました!

選手の皆様、運営スタッフの皆様、審査員の皆様、大変お疲れ様でした!




素晴らしい大会を有難うございました!

2019/10/06

anfa Flair Bartender Champions Cup 2019 本日開催

本日2019年10月06日(日)開催 anfa『Flair Bartender Champions Cup 2019』開催!

anfaの今年の国内No.1フレアバーテンダー決定戦です。
ペーパーテストラウンド、ポアラウンド、フレアラウンドの3つの競技の合計点の上位3名が進出するスペシャリティーラウンドで今年のanfa日本一が決まります。

今回、審査員としてお手伝い致します。

【時間】

開場時間 13:00
大会開始 13:30
終了予定 17:30
選手集合 11:00

【場所】

白龍ホール
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-29-12

【入場料】
前売り ¥3000(1ドリンク付き)  当日 ¥3500(1ドリンク付き)

フレア・ファンの皆様、是非お待ちしております!

2019/10/05

How To COINTREAU -THE ART OF THE MIX- 第二弾 本日最終日


今週から始まったHow To COINTREAU -THE ART OF THE MIX- 第二弾も本日が最終日です。
Cocktail Bar NemanjaでコアントローとノンアルコールジンNEMA0.00%で作られるカクテル「アンジェ・サイド」がお楽しみ頂けます。


どうぞ宜しくお願い致します!
https://www.bar-times.com/contents/75310/

2019/10/04

日本のバー誕生の地 横濱の話③ 酒類輸入と始まり


 日本のバー誕生の地".横浜 "
カクテルはいつから?

いままでの調査では1974年9月4日に確実にカクテルがサーブされた記録はつかめましたが、それより前にカクテルがサーブされた確たる証拠にたどり着けていません。

今回は横浜で正規輸入の酒類販売の記録はいつからで、どの様な商社があり、どの様な酒類が実際輸入されていたのかを大まかですがまとめてみました。


開港後、外国人は増加し洋酒需要に注目した横浜外国人居留地の商社は、関税の免許制を使い酒類の輸入販売もはじめました。

1861年あたりの酒類は、ワインとシャンパンの輸入のみと噂されておりましたが、調べてみると種類豊富に酒類が横浜に輸入されていた事が解りました。

1860年には長崎のアーノルド商会(1862年2月にグラバー商会に吸収)が酒類の輸入販売を開始しておりますが、横浜は1861年からになります。

1861年に横浜外国人居留地42番地付近に横浜初の酒類輸入商社「O.H.ベイカー商会」が創業します。

ある英字新聞の広告にO.H.ベイカー商会が輸入した商品がヨコハマ・ホテル(日本初のホテルで日本初のバーがあったとされるホテル)に卸されているという記録がありました。


1861年11月19日の広告内容に登場する酒類は、ポートワイン、シェリー、マデイラワイン、クラレット、シャンパン、ブランデー、ジン、ウィスキー、ラム、ビール。
主な数例の掲載で他の種の在庫もあったと思われます。

同年に居留地12番地に「ストイト商会」創業。
蒸留酒、ワイン、リキュールも輸入販売。

居留地29番地には「テキスター商会」創業。
コニャック、ワイン、シャンパン、ジュネヴァ・ジン、チェリー・リキュールを輸入販売。

1862年には居留地78番地に「ハンサード・キール商会」の存在も以下の英字新聞のSALEの広告から確認出来ました。



コニャック、クラレット、カリフォルニア・ワイン白、オールドトム・ジン、ビール、カクテルの副材料用途なのか?ライム・ジュースも書かれます。

ライムジュースはコーディアル・タイプのもので、上陸したイギリス海軍兵士にビタミンCと糖分の補給源として支給されており、海軍兵士は "ライミーズ" とも呼ばれていたそうです。

1863年には居留81番地に「W.L.パッスモー商会」も確認。
シェリー、シャンパン、ラム、ヴィンテージ・ポートや一級ワインの輸入も記録。

同年に居留地の場所は不明ですが「タサム商会」がスコッチ・モルトウイスキーを輸入販売しています。

1864年には居留地3番にはシェリーとビールを輸入販売する「ウィルキン・ロビソン商会」。
居留地70番地にはシェリー、ポートワイン、シャンパン、クラレット、ジン、ウィスキー、ブランデーを輸入販売する「キャリエル商会」。
居留地52番にはシェリー、シャンパン、クラレット、ウィスキー、ブランデー、ラムを輸入販売する「エスクリッジ」。

1865年には居留地85番地にシェリー、ワイン、シャンパン、ビールを輸入販売する「E.C.ギルビー商会」。
またこの年にドイツ人のパトウ男爵が居留地99番地に「ビア&コンサート・ホール」を開設。

1866年には居留地23番地にはリキュール、ワイン、シャンパンを輸入販売する「サラベル」。
居留地41番地にウイスキー、ブランデー、ビールを輸入する「A.マーク商会」。

1870年には居留地73番地に「ランゲフェルド・メーヤーズ商会」。
同年に「カルノ商会」も開業し、1872年には横浜から新橋に鉄道が開通。
東京築地の【精養軒ホテル】は1873年にカルノ商会からブランデー、ウィスキー、ジン、リキュールを卸してもらっていました。
精養軒ホテルでは当時、日本海軍の士官達が洋食やカクテルなどを頂くマナーを身につける為に通われたといいます。

下はザ・ジャパン・パンチに絵ががれたカルノ商会(中央)。



1870年代にも横浜に洋酒を輸入する商社は以下の様にありました。

1872年は居留地85番地の「E.C.ギルビー商会」。
居留地68番地に二つ「タダロ・ズベロ」、「ジウベル」。
居留地89番地には「マロン」。
居留地73番地には「ハドソン・マルカム」。

1873年には居留地177番地に「バルマル」。

1876年には居留地77番地(1889年には居留地62番地に移転)に「L.コーウドルリ商店」。

1877年には居留地96番地に「グレイネル商会」。

1878年には居留地176番地に「モルフ商会」。

まだまだ調べれば出て来そうですが、1860年代、1870年代には洋酒が沢山輸入されており、思っていた以上にホテルのバーや街酒場で洋酒が飲まれている事も解りました。

1870年代には横浜でカクテルが飲まれていいた記録が出てきましたが、1860年代は記録として確実なものがまだ掴めておりません。

次回④は1860年代にカクテルが飲まれていいたかもしれないクラブの話です。


2019/10/03

2019/10/02

おすすめカクテル「アンジェ・サイド」「トリュフ・サイドカー」


 月曜日よりカクテルバー・ネマニャでは、How To COINTREAU -THE ART OF THE MIX- 第二弾が始まっております!

 期間2019年9月30日(月)~10月5日(土)

コアントローの創作カクテル2種をご用意させて頂いております。


一つ目は"サウス・サイド" のツイスト・カクテルでコアントローをベースにノンアルコールジンNEMA0.00%を加えてお造りする「アンジェ・サイド」。

二つ目は "サイドカー" にコアントロー・ノワールで一段と奥行きを与え、自家製ホワイト・トリュフ酒を加え香り豊かに仕上げる「トリュフ・サイドカー」となっております。



動画もございます↓
https://youtu.be/Y8DEOi_UYbk
お時間ありましたらご覧下さいませ!

是非お試し下さいませ!

2019/10/01

カクテルバー・ネマニャは消費税率改定後も価格の変更がございません


平素はカクテルバー・ネマニャをご利用頂き有難うございます。
令和元年10月1日から消費税率8%から10%への改定となりました。

仕入れ値段高騰、消費税増税となりましたが、カクテルバー・ネマニャでの販売価格設定は以前と変わらず増税価格の変更もございません。

少し値下げの気持ちでご用意させて頂きます。


何とぞ今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
                       
 令和元年10月1日