2024/04/21

Hachinohe Botanical Trip Tour 2024

 本日は15時より「Hachinohe Botanical Trip Tour」開催。

八戸の海岸沿いに春の訪れたを告げるスミレをはじめとする植物を見学。







ノンアルコールジンを作成するためにボタニカル摘みも行いました。

純引蒸留で氣水仕立ての素敵なノンアルコールジンが完成!






ご参加頂いた皆様、有難うございました!

また今夜はark lounge&Barにて「Cocktail Bar Nemanja Take Over」開催となります!




世界最古のカクテルの再現や、春らしいカクテル、セルビア料理をお楽しみ頂きます。

夕方の部もどうぞ宜しくお願い致します!

2024/04/20

世界最古と思われるカクテル「El Draque(エル・ドラケ)」

 世界最古のカクテル【エル・ドラケ】。

1570年代にイギリス海軍のフランシス・ドレイク(Francis Drake)氏が考案した強壮剤的な飲み物です。

フランシス・ドレイク氏は、1543年イギリス・デヴォン生まれ。

20代半ばで船を持ち船長となります。

1567年ドレイク氏の船団がスペイン艦隊に襲われ、ドレイク船長は命からがらで逃げてイギリスへ戻ります。この頃からスペインに強い恨みを持ちます。

1570年にイギリスから新たに出航し、スペイン船を襲い海賊行為を始める。

1580年9月に帰国するまでの10年間は、新大陸スペインを荒らし、船や植民地を襲って金品を強奪していた頃です。

当時フランシス・ドレイクのクルー達は、壊血病に苦しんでいました。

壊血病は、ビタミンCの欠乏によっておこる病気で、身体中にアザがでてきたり、皮膚が乾燥し潰瘍が広がり、血管に損傷を与えたり、歯肉の出血も続き歯も抜け落ち死にいたるという酷い病気です。

航海中、乗組員の大半が壊血病にかかったため、治療と船の修繕が必要となりキューバで足止となりました。

ドレイク氏は、様々な病気の治療法を知っている南米インディアン人から壊血病を治す薬の調合を聞いていたといいます。

薬には、柑橘類、薬草、強壮効果のある樹皮、糖類、殺菌と薬効効果としてアグアル・ディエンテ(サトウキビの醸造酒にスターアニスなど加えて一回蒸溜で造られたのスピリッツ)が必要でした。

ドレイク氏達は、病気のクルー達を治療するために薬の材料調達に奔走し、アグアル・ディエンテ、チュチュワシの樹皮、ミントの葉、サトウキビ、ライムジュースを揃えて強壮剤を作りました。




クルー達に飲ませると、それが効果的であることが判明したといいます。

この頃、キューバの人々も同く壊血病に悩まされており、フランシス・ドレイク氏の部下であるリチャード・ドレイク氏がレシピをキューバの人々に伝え、時代と共にベースがラムになり、後に「MOJO」とも呼ばれ「MOJITO」となったと言われます。

1580年イギリスに帰国したフランシス・ドレイク氏ですが、海賊行為で稼いだ海賊マネー60万ポンドをイギリスに献上します。この金額は当時のイギリス国家予算3年分だったそうです。

イギリス大英帝国を築き上げた背景には、海賊マネーの力があり、国益のために必要不可欠で、ドレイク氏の海賊行為は許されていたようです。

1587年カディス遠征。

1588年のアルマダ海戦で、イギリス艦隊副司令官だったドレイク氏。

一行のイギリス海軍がスペインの無敵艦隊アルマダを破ります。

イギリスでは敵を打ち破った英雄でしたが、反対にスペイン側からは悪魔の象徴であるドラゴンを意味する「El Draque(エル・ドラケ)」と呼ばれ恐れらました。

フランシス・ドレイク氏が作ったとされる壊血病の飲み薬は、やがてニックネームで呼ばれ、カクテル名は1588年より"El Draque"となったといいます。

1570年代に壊血病の強壮剤で作られ、1588年に名づけられたカクテル「エル・ドラケ」。

レシピ

Aguardiente

Lime juice 

Sugarcane syrup

Hierba Buena

Chuchuhuasi

Spices


明日の八戸ark LOUNGE&BARのゲストシフトで再現し提供致します。



ご予約頂いた皆様、有難うございます。

皆様にお逢い出来ることを楽しみにしております。

2024/04/19

御形のクリサンセマム

 Chrysanthemum(クリサンセマム」

1917年のRecipes for Mixed Drinksに登場しているカクテルです。

レシピはドライ・ヴェルモット 1/2・ベネディクティンDOM 1/2・アブサン3ダッシュをステアしてカクテルグラスに注ぎ、ツイスト・オレンジピールをしたもの。

1930年にはサボイ・カクテルブックにも登場しており、ドライ・ヴェルモットが多めとなり、シェークの技法となっています。

今回のおすすめはクリサンセマムを少しアレンジしています。





フェルディナンズ・ヴェルモットホワイト・バレルエイジド、ベネディクティンDOMにアブサンの変わりに御形のトニックウォーター・レデュクションにしたものにしています。

【御形のクリサンセマム】是非お試しくださいませ!

2024/04/13

清見と酢漿草のイエローレディ

 和歌山県産の「清見」が入荷致しました!

今週末のおすすめカクテルは【清見と酢漿草のイエローレディ】です。




河内晩柑シトラスジン、コアントロー 、清見ジュース

昨日大磯で摘み取ってきた酢漿草(カタバミ)を飾っています。

是非お試しくださいませ!


2024/04/12

今年も桜花沢山摘み取れました

 2024年4月11日(木)は、桜花と御形を収穫に大磯へ。

横浜ジン蒸溜所の「サクラ&ベリー・ジン」2025版に使用するボタニカルの摘み取りでした。










桜花は昨年より増量。

早速蒸溜釜に入れて浸漬も完了。

二宮さん、細川 淳平さん、今年も大変お世話になりました!


2024/04/11

毎日新聞夕刊に掲載いただきました。

 先日、毎日新聞様に取材をしていただきました。

本日4月11日(木)の毎日新聞夕刊とWEBにクラフトジンバー・コパンのジェーニャ・マラホアさんとグローバルジンギャラリーの高山さんと一緒にご掲載して頂きました。




ノンアルコールジンを取り上げていただいております。

WEB版の掲載記事はこちら

https://mainichi.jp/articles/20240411/dde/012/040/005000c

 

毎日新聞様、貴重な機会をいただき有難うございました。

2024/04/08

2024年4月24日は「八戸ボタニカル・トリップツアー」と「カクテルバー・ネマニャ・テイクオーバー」開催

 2024年4月21日(日)は、八戸ark LOUNGE&BAR様でカクテル作ります。

ゲストシフト前は「Hachinohe Botanical Trip Tour」開催!

皆様とボタニカルの摘み取り体験と純引蒸留会も行います。

今年も八戸の皆様にお逢い出来ることを楽しみにしております。

ご予約はark LOUNGE&BAR様へ。

以外はark LOUNGE&BAR 様のご案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新生 ark Lounge&Bar の船出を飾ってくださるのは、横浜の名店「Cocktail Bar Nemanja」の北條智之、久美子御夫妻です!

2024年4月21日 17時〜Start

当日は北條智之氏のカクテル5種類に、久美子さんのオツマミが付く120分!正しくarkをNemanjaがTake Overします。




さらに15時からは、八戸の海岸線にBotanical 採取に出かけます!摘み取った春のBotanicalをarkに持ち帰りノンアルコールジンを作るBotanical Trip Tourも開催致します(人数制限あり)

皆様の御予約お待ちしております。

2024/04/02

2024年3月31日のシーバス釣り

 先日久しぶりに家内と釣りへ。

シーバスを釣り上げてきました。



家内は65センチのスズキ・サイズもゲット!

シーバスは、セルビア料理のリブリャチョルバの仕込みに^ ^




スズキの旨味たっぷりです。

是非お試し下さいませ!


2024/04/01

ダーティー・桜ネグローニ

 Dirty Sakura Negroni

ようやく横浜も桜が咲き始めました^ ^

横浜ジン蒸溜所の「サクラ&ベリージン」2025年販売分の仕込みも準備の頃となりました。

今年の販売分はお陰様で完売となりました。

今週のおすすめカクテルは【ダーティー・サクラ・ネグローニ】です。



サクラ&ベリージン、フェルディナンズ・ヴェルモットレッド、カンパリ、液体塩こうじ で作ります。

数量限定となります。


是非お試し下さいませ!

2024/03/29

東京會舘60周年記念カクテル「トーキョー・クラブハウス」

Tokyo Club House

 鹿児島からサワーポメロが届きました!

おすすめカクテルは【サワーポメロのトーキョー・クラブハウス】




「トーキョー・クラブハウス」は、東京會舘60周年記念のカクテルに選ばれたひとつで、1981年に考案されたものです。

レシピ

ロンリコ151ラム  30ml

ベネディクティンDOM  2tsp

フレッシュ・グレープフルーツジュース  120ml

氷を入れたタンブラーに注ぎビルドする。

今回グレープフルーツの変わりにサワーポメロ・ジュースで仕上げています。

是非お試し下さいませ!

2024/03/27

ブラッドオレンジのアドリアティック

 Adriatique

愛媛産のブラッドオレンジが入荷しました。

おすすめカクテルは【ブラッドオレンジのアドリアティック】

アドリアティックは、2013年にボストンのIsland Creek Oyster BarのJackson Cannon氏が考案。

レシピはアマーロ、アペロール、オレンジです。




少しアレンジして、金ヶ崎薬草酒造のWAKA果、アペロール、ブラッドオレンジで作ります。

是非お試し下さいませ!

2024/03/19

たんかんアマーロのビター・ジュゼッペ

 Tankan Amaro Bitter Giuseppe 


鹿児島の「たんかん」でアマーロ仕込んでみました。

おすすめカクテルは【たんかんアマーロのビター・ジュゼッペ】です。




チナール・マンハッタンとしても知られている「ビター・ジュゼッペ」は、2007年にシカゴThe Violet HourのStephen Cole氏が考案したカクテルです。

ベースのチナールを、自家製たんかんアマーロにして、フェルディナンズ・レッド・ヴェルモット、ボンプランド・チョコレート・メイスフラワー・ビター、たんかんピールで作ります。

ビター系カクテル好きの皆様、是非お試しくださいませ!

明日3月20日(祝日・水)は、定休日となります。

どうぞ宜しくお願い致します。


2024/03/13

anfa FRESH FLAIR 2024 & anfa TANDEM FLAIR 2024同時開催

2024年3月24日(日)は、ダイニングダーツバーBee池袋にて【anfa FRESH FLAIR 2024】&【anfa TANDEM FLAIR 2024】同時開催。

11:30 開場(12時競技開始)・17:00終了予定 



「anfa FRESH FLAIR2024」出場選手は以下です。

No.1 ダイニングダーツバーBee渋谷 ボイス

No.2  Bar Prima アウル

No.3 Tug -B Bar &Hos tel ウタ

No.4 TGIフライデーズ池袋 ラフ

No.5 ダイニングダーツバーBee新宿 ロック

No.6 カラソル さっこ♾️

No.7 TGIフライデーズ名古屋 しょーき

No.8 フレアバーes ハリー

No.9 カラソル ユウダイ

No.10カラソル チャチャ

No.11ダイニングダーツバーBee新宿 サスケ

No.12ニュージャック コニー

No.13 フレアー&ダイニングバーフローラ nano

No.14フレアーバーレベル4 jerry

No.15ローグバー ハヤト

No.16関西地区 gin

No.17鳴門海月 トシキ

No.18E.A.D ポポ

No.19 ベラノッテ アヤト

No.20 ゼックスウエスト ボビー

No.21シセロ西麻布 ユーキ

No.22 エールカフェ、白馬館  こいちゃん

No.23 バレルラスベガス ギャラ

No.24 リゾートバーライズ ギンジ

No.25 ニュージャック しゃな



「anfa TANDEM FLAIR 2024」出場選手は以下となります。

No.1 サスケ&ハオ

No.2 みやび〜ぬ&shota

No.3 コビト&マイン

No.4 ウッチー&レイ



2024/03/08

ネプチューンズ・ラス

 Neptune's Wrath

今日はアブサンを使用したカクテル

【ネプチューンズ・ラス】の紹介。



2007年頃にシカゴのThe Violet HourのToby Maloney氏が考案したカクテルです。 

ラストワードに似たカクテルで、ジン、アブサン、レモンジュース、シュガーシロップ、卵白。

最後に海の神の怒りを表現したブレイミング・シャルトリューズ・ヴェールをドロップ。

是非お試しくださいませ!

また本日は横浜ジン蒸溜所のアブサン再販日。

YOKOHAMA ABSINTHE HONKY TONK

白の「ブランシュ」と緑の「ヴェルト」の2種。



横浜ベイブルーイングのオンラインショップで販売開始となりました。


2024/03/06

50歳の誕生日を迎えました。

本日50歳の誕生日を迎えることが出来ました。

家族や友人、これまで出会えた皆様のお陰で今の自分があります。心から感謝しています。

大きな病気や怪我をすることなく健康に過ごせてこれました。

振り返ると若い頃から、好きなことをしたり、人と違うことをしたり、新しいことに挑戦したりと自由に生きてきました。自分勝手なところも多々あったかと思うので、身近な方々を巻き込み、沢山迷惑をかけてきたはずです。

自分は本当に運が良くて、周囲の方々に恵まれ助けられて、仕事を続けてくることが出来ました。

知命を迎えましたが、まだまだ未熟者ですのでより一層努力していきたいです。

常に支えてくれる家族や親しい友人達、いつも良くしてくださるお客様方やお世話になっている方々に、恩返しできるような人間に成長していけたらと思います。

そしてバー業界に少しでも貢献できる事があれば嬉しいです。

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします。

















ちなみに日曜日から2泊3日で家内が前祝いとしてミステリーツアーを企画してくれて旅してきました。

忙しい中、準備から細々したところまで計画してくれて、美味しいものを食べたり飲んだり、観光したりと、サプライズいっぱいの想い出に残る素敵な旅となりました。