2015/12/15

LOVE HITA COCKTAIL CONTEST WORLD GLAND FINAL 2015結果発表!!

2015年12月13日は、大分県日田市の日田市民文化会館パトリア日田 大ホールにてフレア・バーテンダー世界大会「LOVE HITA COCKTAIL CONTEST 2015」が開催されました。

13時より日本予選の「LOVE HITA COCKTAIL CONTEST 2015日本予選」が始まり、全国から集まった18名の選手が出場致しました。


審査員は、ABA韓国代表のラビット氏、ABA台湾代表のヨーク氏、ABAタイランド副代表ポム氏、ANFA副会長の谷本陽(アキ)氏、スカイ・フレア・グローバル・チャレンジ2008の世界チャンピオンで知られる金城光浩(ミツ)氏、私・北條智之(キャットマン)の6人でした!



予選通過は、以下の3名となりました。

1位通過はマイケル選手、2位通過はCo選手、3位通過はナカッチョ選手でした。

グランド・ファイナルに相応しい日本の代表選手3名が選ばれました。

グランド・ファイナルのオープニングのショータイムには、金城光浩(ミツ)氏とピアニストの関野直樹さんとのコラボ・アトラクションが華やかに行われました。


ショータイム終了後18:30より開会式がはじまり、グランド・ファイナル競技開始となりました。




ワールド・グランド・ファイナルは、フィンランド、ポーランド、ルーマニア、台湾、韓国などの代表選手11名で競われました。

世界大会決勝の加点は、難易度、オリジナリティ、スムーズ、バラエティ、演出全体が各60ポイント、ショーマンシップは高い設定の80ポイントで、カクテル審査は20ポイントで行われました。

全体的にフレアの技術も素晴らしく、カクテルも美味しく、決勝に相応しい内容でした。





「LOVE HITA COCKTAIL CONTEST WORLD GLAND FINAL 2015」の順位は以下となりました。

優勝は日本代表の馬渕孝太郎(Co)選手!




ショーマンシップや減点の配分の高い大会にハメて来たルーティーンで、音ハメは30回程披露し、ドロップは1回。自身が考える思想での挑戦で、感動のワールド・チャンピオン獲得となりました。

準優勝はルーマニアのLuca Valentin選手。



この大会ルールに相応しい演技構成で、ショーマンシップは抜群に優れており、カクテル・ポイントは1位でした。
今回は4ドロップ、4スピル、1ミスクでやや本領発揮出来ずでした。

3位は日本代表の市川 寛(マイケル)選手。


最後の出場者としてとても気合いの入る発表で、難易度、オリジナル性、バラエティ性など世界のプレイヤーとして素晴らしい演技を披露しました。ドロップは3回で、ショーマンシップ性が更に高ければ優勝も可能だったかと思います。

4位はフィンランドのMiika Mehtio選手

5位はポーランドのAdam Branczyk選手

6位は台湾のGrant Lee選手




7位は台湾のYi-che Liao選手

8位は台湾のDragon Chen選手

9位は日本代表の中村 純(ナカッチョ)選手

10位は韓国のKei Kim選手

11位は韓国Hide 選手

大会を主催された老松酒造株式会社様、並びに各社協賛の皆様と後援会の皆様、多数のご声援を頂きました観客の皆様、本当にありがとうございました!


最後にオーガナイザーの江田さん、ラブ日田カクテル・コンテスト運営委員会スタッフの皆様、並びに選手の皆様、審査員の皆様、お疲れさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿