2019/03/29

ノンアルコールジンNEMA0.00% エディション・プリンセスミチコの蒸留水には白樺の樹液を使用


 今週、八ヶ岳は白樺の樹液がとれる時期となりました✨

白樺の樹液はノンアルコールジンNEMA0.00%エディション・プリンセスミチコの蒸留水の一部に使用するために採取しております。




皇后美智子様のお印【白樺】

お印とは身の回りの品につける徽章。
美智子様のお輿入れにあたり、当日お印の候補がいくつか挙げられたそうです。
そのうちの一つに「白樺」がありました。
天皇陛下(当日の皇太子殿下)との出会いの地である軽井沢を象徴する木であることから、当日の皇太子殿下は "白樺" を強く望まれ美智子さまのお印に選ばれました。

1957年8月19日に軽井沢で皇族方も参加される恒例のテニストーナメントが開かれました。
当時の皇太子殿下が準々決勝で対戦されたお相手が正田美智子様。
この時が初対面だったそうです。

美智子様が皇室へお輿入れの際、正田家の庭に白樺の苗木を植え「これを私と思ってください」と父に言った話も有名です。



皇后美智子様と関係が深い白樺をエディション・プリンセスミチコに使わせて頂きます。

ボタニカルには白樺の葉も選ばせて頂きました。

この時期、八ヶ岳をはじめ国内ではまだ白樺が葉をつけておらず国産を断念し、目線を変えて海外へ。

白樺の葉と言えばサウナ発祥の地で知られるフィンランド。
サウナ内で全身を叩くヴィヒタは、白樺の若葉をつけた枝を束ねたもので知られます。

2019年フィンランドと日本は【外交関係樹立100周年】を迎え重要な歴史的節目となります。
更なる友好関係発展を願う記念すべき年でもある事からもフィンランド産の白樺の若葉を使うことにしました。



白樺樹液と共に蒸留し、ノンアルコールジンに想い出の軽井沢を彷彿させる森の香りを加えて行きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿