2018/07/04

2018年7月3日のマゴチ釣り


昨日は急遽マゴチ釣りに行きました。

前夜は仕事終わりに家内とサッカーワールドカップ【日本 対 ベルギー】を楽しんで早朝に寝たのですが、数時間後目が覚め、眠れず急遽1人で釣りに(^^;;

以前にネマニャ釣り部の企画でマゴチ編を行なった時、自分は釣果0でした😱

気になっており、急に思い立ちマゴチ釣りに再挑戦しました。


今回は金沢八景の弁天屋さんのマゴチ半日午後船12時30分出航でお世話になりました。

気温28度、風速7m、午後はやや曇りで暑くはなかったのですが、風が強くアタリが取れにくい感じでした。


仕掛けは写真下の様で、餌はサイマキ(海老)か櫨で釣ります。


マゴチの針は選ぶ餌によっての形が違います。

今回は櫨を餌にチョイス。

櫨は下アゴに針を通すと呼吸が出来なくなるので上のみ通します。





釣り方は、ポイントに到着したら仕掛けを投入。


餌は生き餌で、スピードをゆるめながら落とした方が餌が弱らない様です。




錘がそこまで着いたら糸ふけを巻き取り、棚取りをします。

棚取りは30秒から60秒に一度取り直します。


仕掛けのハリスが1.5メートルの場合、1メール巻き取り棚合わせします。


棚が合わず海底から餌が浮くとアタリの可能性は0(^^;;


潮の流れが早い場合は、流されるので巻き取りをやや少なくしたりします。


またその逆に潮が流れないポイントは少し巻き取りを多くしたりと、色々な状況を判断し棚取りをまめに行う難しい釣りです。


棚を取ったらアタリを待ち、30秒に一回棚を撮り直しの繰り返し。


釣り返しから2時間アタリ無しでしたが、14時30分頃にチャンスが訪れました。


通常だとアタリがあったら、糸を張りつつ竿を下げて送りこむ感じで待ちます。


次のアタリの具合を見て引き、煽らせて餌を頭まで飲み込ませ勝負か...


一回目のアタリの後に一気に飲み込んで強く引いた時に合わせるか...


今回、自分の生き餌の櫨が小さかったので一回目のコツコツコツの終盤で引いてみて勝負しました。


見事バイトし竿が大きく沈みました!




無事釣り上げると大きく50センチ以上ありそうでました!


その後、16時までアタリ無しで終了。

半数の方が釣果0😱

やっぱり難しい釣りでした(^^;;

釣ったマゴチを船長に測って頂きましたら59.5cmとの事!



魚拓サイズまであと0.5cmで悔しかったですが、嬉しい収獲でした😊

船長に神経締めしてもらい、持ち帰りお店で捌きました。

アラは煮付けにして賄いに(^-^)


切り身は漬けにして今日のお店の料理に!

おすすめは「マゴチの唐揚げ」です(^-^)


昨日も楽しい釣りでした!

次のマゴチ釣りは14日の予定(^-^;


腕を磨きつつリベンジして、今度こそ魚拓サイズ狙いたいと思います!


0 件のコメント:

コメントを投稿