2018/07/29

「A TASTE OF TOKYO 2018」にてクリスチャン・ル=スケール様の料理とカクテルコラボ


2018年7月26日は、東京シェフズ主催・ハナマルキ株式会社協賛の「A TASTE OF TOKYO 2018」がウェスティンホテル東京で開催されました。

パーティーでは、協賛のハナマルキ様が開発した【液体塩こうじ】と【透きとおった甘酒】を使用した料理とカクテルを楽しむ賞味会が行われ、自分は料理に合わせたカクテルを創作させて頂きました。

料理は、2016年に「シェフ・オブ・サ・イヤー」に輝いたシフォシーズンズ ホテル ジョルジュサンク・パリの三ツ星レストラン「ル・サンク」の総料理長であるCristian Le Squer(クリスチャン・ル=スケール)様でした。

クリスチャン・ル=スケール様✖︎ハナマルキ液体塩こうじの動画はこちら⤵︎

この様な素晴らしいシェフとお仕事をさせていただきとても光栄でしたヽ(^o^)丿







当日は、ミシュランの星を獲得しているレストラン30店舗近くと、ゴ・エ・ミヨの5トック(ミシュランの三ツ星相当)のレストランのシェフ30名程、5つ星ホテルの代表者30名程、料理評論家様や著名な料理研究家様などなど招待された業界関係者が207名ご来場されました。




カクテルは、透きとおった甘酒と液体塩こうじフェルディナンズ・ブランド、ノンアルコールは氣水ジンを使用したカクテルをご用意致しました。






写真上は、シェフの名前を冠した乾杯カクテル「クリスチャン・ル=スケール」です。

透き通った甘酒、フェルディナンズ・ザール・クインス、液体塩こうじ、トニックウォーター、ライム、スパイス、ハーブなど使用したカクテルです。




この日は夢のような一日でした!

協賛のハナマルキ様、主催の東京シェフズ様、素晴らしい機会を与えて下さり有難うございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿