2018/08/15

横浜・石川町生まれのカクテル「インディアン・デスロック 」


横浜のシグネチャー・カクテル候補「Indian Deathlock」情報更新。

本牧のアロハカフェや横浜西口のストーブスから広がったカクテル。

アロハカフェの歴代店長の中で唯一トニックウォーターを入れるレシピで作っていた方がいらっしゃいます。

昨夜はその方がオーナーを務めるお店、関内の「スマイリースマイル」でIndian Deathlockを楽しみました。


このカクテルは石川町にあったDakota(ラコタ)のバーテンダーが25年前くらいに考案との事。

ご親切にスマイリースマイルのスタッフ(元アロハカフェやストーブスのスタッフ)の方が色々教えて下さいました。

今は無いバーですがDakotaのオーナー様は、現在の横浜のSTOVESのオーナー様。

偶然にも昨夜伺ったスマイリースマイルに現れ、詳しいお話を伺えました。
考案者のお名前と現在お勤めの店名を教えて頂きました!

レシピは、スピリタス、カシス、コアントロー、レモンをシェークして、トニックウォーターで満たしフルーツを飾ったもの。

写真のスイカはおそらく夏のアレンジかと...

インディアン・デスロック ・カクテルのストーリーは次で王手になるかも知れません(^-^)

0 件のコメント:

コメントを投稿