2016/04/25

ULTIMATE WORLD FLAIR JAPAN OPEN 2016ルール!!

2016年7月17日に開催される「アルティメット・ワールド・フレア2016」の日本予選のルールは以下になります。



(TOTAL 4ポイント)
●制限時間分以内にワーキング・フレアによる課題カクテル1杯と、エキシビジョン・フレアによる創作カクテル1杯を作成します。
■ ワーキング・フレア・ドリンク(創作)
ファジー・リエン
ProcedureGlass
1oz (30ml)
 梨園
Shake き& Strain
(Working Flair)
シューターロック
135ml
1oz (30ml)
ピーチネクターGarnish


無し
※ボトルのリカー量は 梨園は1/2フルボトル以上   juiceはジュースコンテナ1/4以上。



■ エキシビジョン・フレア・ドリンク(創作)
オリジナル創作カクテル
ProcedureGlass
フリー(作り方自由)自由
自由Competitor ChoiceGarnish
自由
※ボトルのリカー量は、すべて1/2oz以上、コンペテターズ・チョイスは何種類でもOK
自由に創作カクテルを作成して下さい。ミーティング時にレシピ提出要。フォームは問いません。
競技時間は4分です
ワーキング・フレアのお酒はそれぞれ2本まで用意されますが、それ以上のボトルの数を使用の場合は各自で持参してください。
ワーキングフレアの使用ボトルにはスピルストップポアラのみで、テーピング等は禁止です。

アイススコップ(ティン)、ティン、グラス、ポアラー(スピルストップ)は会場に用意してあります。
※ストレーナーは用意しておりません
ティンやグラス、スピードレールのボトル配置は自由です
制限時間終了後に完成したカクテルやフレアは評価対象にはなりません
エキシビジョンでの使用ポアラーはプラスティックポアラ、又はスピルストップ以外使用出来ません。
会場の都合上、使用する音源はアイフォン、又はアイポッドなどのMP3機器でお願い致します。CDまたはCD-Rと合わせ2種類ご用意ください。
CD-RW、MDの使用はできません
エキシビジョンのコンペターズチョイスボトルは剥きボトルは無しです。またボトルにはネックのテーピングは、透明なクリアーなもの一巻きまでです。ボディにはテーピング出来ません。オリジナルステッカーの使用も不可です。
ティンに巻くテープも認めますが、衛生面では細心の注意を払って下さい。
シロップを使用する事は構いませんが、1/4フルボトルでセットして下さい。
ジュースやピューレはジュースコンテナまたはカラフェに入れて下さい。卵の使用の場合は直前に割りグラスなどに入れてセット出来ます。
インフュージョン酒の使用は可能ですが、使用した種類のボトルにセットして下さい。
TOTAL POINT 340POINT(4分間)
ディフィカルティ(Difficulty)80ポイント
クリエイティビティー(Creativity)80ポイイント
バラエティ(Variety)40ポイント
スムースネス&コンポーザー(Smoothness&Composer)40ポイント
ショーマンシップ(Showmanship&Composer)     30ポイント
ミュージック&ハーモーニー(Music&Harmony)
カクテルポイント(Cocktail) 味覚15 商品価値10  クリエィティブ性10 ネーミング5(審査するのは創作オリジナルカクテルのみ)
30ポイント

40ポイント
ペナルティポイント
ドロップ3ポイント
ポアミス(ワーキングのみ)2ポイント
スピル2ポイント
課題カクテルをシェークしなかった場合6ポイント
グラスやボトルの破損、MISC6ポイント
ドリンクの未完成、レシピ不足20ポイント
他人に危害を与えたり、危険にさらす行為は失格

0 件のコメント:

コメントを投稿