2016/05/03

キャットマンの散歩「ミュンヘン」おもな見どころ!!

本日はベルリン、ハンブルクに次ぐドイツ第3の大都市「ミュンヘン」を紹介致します。

ドイツ南部のバイエルン州の州都市で、人口137万8200人で毎年9月下旬から開催される世界最大のビール祭りの【オクトーバフェスト】は有名で、ビールの本場で知られ、多くの観光客が訪れます。

まずは「新市庁社舎」です。




1867から1909年に建てられたネオ・ゴシック様式の建物です。


新市庁舎のドイツ最大の仕掛け時計の「グロッケンシュピール」はとても有名です。


「ミュンヘン中央駅」です。


1839年に開業した駅で、バイエルン地方では唯一の主要な終着駅です。


こちらは「レジデンツ」です。



バイエルン王家のヴィッテルスバッハ王家の宮殿で、14世紀後半から建てられたものです。


中央駅から5分の「カールス門」です。



門を抜けると歩行者天国のノイハウザー通りが伸びています。


高級デパートの「オーバーポリンガー」です。


有名ブランド店がテナントとして入っており、高級感が漂っています。


こちらは「ミヒャエル教会」です。



ルートヴィヒ2世をはじめとするヴィッテルスバッハ家の墓所が地下にあります。


地下の墓所は2ユーロで見学できます。


ミュンヘンのシンボル「フラウエン教会」です。


北塔は99mで南塔は100mの高さがあります。


この教会は「聖ペーター教会」です。


ミュンヘン最古のカトリック教会です。


聖霊教会の「ハイリヒガイスト教会」です。


ミュンヘンで最も古い教会の一つだそうです。


ドイツを代表するオペラハウス「バイエルン州立歌劇場」です。



マックス・ヨーゼフ1世が19世紀前半に王立劇場として建設したもので、現在の建物は1963年に再建したものです。

9月中旬から翌年の6月まで、ほぼ毎日オペラやバレエが上演されています。


将軍堂の「フェルトヘルンハレ」です。



1841から1844年にルートヴィヒ1世の命により、ゲルトナーの設計で建てられたものです。


こちらは「テアティーナ教会」です。


バイエルン国王と王妃、ヴィッテルスバッハ家の家族が埋葬されています。


ドイツで一番有名なビア・ホール「ホーフブロイハウス」です。


1589年に王宮の敷地内に設けた醸造所です。

約3000人収容出来るビアホールです。


ミュンヘンのバーと言えばドイツ・バーテンダー界のレジェンド"チャールズ・シューマン"さんのお店「シューマンズ」がとても有名です。


ミュンヘンは、毎日お祭り騒ぎな素敵な都でした!











0 件のコメント:

コメントを投稿