2015/03/04

おすすめのジン紹介「BAVARKA BAVARIAN GIN」!!

本日は新しく入荷したドイツののジン「バヴァルカ・ババリアン・ジン(BAVARKA Bavarian Gin)」をご紹介致します。

こちらを製造しているのはドイツ・バイエルン(バヴァリア)地方のハウスハムにあるランテンハンメル社です。

1928年創業でフルーツ・ブランデーやリキュールを製造している会社です。

以前お店のブログでご紹介したシュラース蒸留所もランテンハンメル社のウイスキー部門となります。

バヴァルカの銘柄は、ジンとウォッカを製造しています。

ジンがグリーンボトル、ウォッカはブルーボトルになっています。


今回購入してきたジンは2014年の3月にプレスリリースされ、同年の7月から販売開始された比較的新しい商品です。

製品に関する情報が少なかったので蒸留所に質問しましたら、蒸留マネージャーのトビアス・マイヤー氏から直々にお返事をいただきました。

以下お返事頂いた製造工程です。

【原料にトウモロコシやライ麦などの穀物は使用せず、100%ドイツ産のジャガイモでグレーン・スピリッツを造っています。カラムスティルで蒸留したあとボタニカルを加えてポットスティルで再度蒸留。使用しているボタニカルは10種で、ジュニパーベリー、オレンジ&レモンの皮、ホップ、フェンネル、エルダーベリー、ヘイフラワー(干し草)などです。蒸留後は陶器で6-9か月熟成します。】との事でした。

機会があれば是非蒸留所も見学に行きたいと思います。

是非ぜひお試しくださいませ!

0 件のコメント:

コメントを投稿