2016/08/26

おすすめのクラフトジン紹介「Ferdinand's Saar Dry Gin Cask Strength Edition Barzirkel Munchen」!!

本日はドイツ・ザール地方ヴィンへリンゲンのジン「フェルディナンズ・ザール・ドライ・ジン・カスク・ストレングス・エディション・バーズク・ミュンヘン(Ferdinand's Saar Dry Gin Cask Strength Edition Barzirkel Munchen)」を紹介致します!

アバディス蒸留所が非売品として造ったフェルディナンズ・ザール・ドライ・ジンのスペシャル・ヴァージョン「デヴィルス・ストレングス」。

「カスク・ストレングス」の名称でヨーロッパで発売開始となり入手致しました!


フェルディナンズ・ザール・ドライ・ジンは、1824年創業のアバディス・ディスティラリーで造られ、アバディス蒸留所のマスター・ディスティラーであるアンドレアスさんと、ワイン生産者のゲルツ・ツィリケン醸造所のドロテーさん、販売代理店のキャプレット&モンタニューのデニスさんの3名の共同プロジェクトで生み出されたジンです。

蒸留器はCARL社のもので、特注で頼んだ最新式のもので蒸留されています。


フェルディナンズのベース・スピリッツは、蒸留に行った家内の情報によると小麦、スペルト小麦、ライとのこと。

ボタニカルは、クロアチア産のジュニパーベリー、ラベンダー、ジャスミン、ビャクダン、ワインローズ、エグランティーヌ、ローズヒップ、パッション・フラワー、エルダーフラワー、カモミール、ベルガモット、スローベリー、洋カリン、リースリング・グレープ、ルビネット・アップル、レッド・ヴィネヤード・ピーチ(赤葡萄畑の桃)、生姜、アンジェリカ、ホップ、アーモンド、ナツメグ、コリアンダー、シナモン、カルダモン、シトラス・タイム、アップル・ミント、バーム、リコリス、フェンネル、ペッパー、サワー・オレンジ(ダイダイ)、ライム、レモンの33種です。


3度の蒸留後にリースリングを全体の2.5%加えて造られています。

カスクストレングスに使用されているワインはゲルツ・ツィリケン醸造所のシュペートレーゼ2011です。

エディション・バーズク・ミュンヘンは、まだ開封しておりません。


是非お試し下さいませ!

フェルディナンズのより詳しい情報はカクテルバー・ネマニャのブログ「フェルディナンズ・ザール・ドライ・ジン蒸留所探訪記」をご覧くださいませ!

0 件のコメント:

コメントを投稿