2014/12/18

おすすめのお店紹介「gentil H」!!

本日は、東京の白金プラチナ通り裏に佇むミシュラン一つ星を獲得している隠れ家フレンチ・レストラン「gentil H(ジョンティ・アッシュ)」さんをご紹介致します。

こちらのシェフの進藤佳明さんは、東京六本木のミシュラン2つ星レストラン、「ラトリエ・ドゥ・ジョエルロブション」にて5年間、副料理長を務められた方です。


世界中から厳選した最上の食材を使用しフレンチのクラシックな技法に日本料理の技法を合わせ独自の世界観で料理を創って下さいます。

今回、家内の誕生日のお祝いで伺いました。


最近、毎回お気に入りのお店ばかり行く事が多かったので、今回は行ったことのないお店を予約致しました。

テーブルには、キャンドルや銀色のパールなどが散りばめられ可愛らしかったです。


写真上は、この日のアミューズ・ブーシュの「鶏のレバーのムース」です。

中に洋梨が隠れておりました。


写真上はパンでルクセンブルグ産です。

スープは「栗のスープ」でした。


下が濃厚な栗のスープで上がナツメグの泡にトリュフが散りばめられていました。

ワインは、アルザス・リースリングの「シルヴァネール」を頂きました。


こちらは「毛蟹とポワロー葱のムース」です。

生雲丹をあしらい、トマトの酸味をアクセントにした前菜です。


こちらは「フランス産フォアグラのプランシャ焼き」です。

金柑のコンポートと百合根などがあしらわれておりました。


こちらは「ブルターニュ産オマール海老」のお料理です。

家内がコースの中で食べれない食材があったので、特別に差し替えでご用意して頂きました。


こちらは「黄ハタのプランシャ焼き」です。

インカの目覚めのエクラゼとモンサンミッシェル産ムール貝のソースです。


こちは「フランス・ソローニュ産真鴨のロティ」です。

根菜などを添えておりました。


こちらはお口直しのデザートです。

「巨峰とヨーグルトのムース」です。


お茶は、ハーブティーを頂きました。

9種類の中より選べました。


 デザートは、「滑らかなバニラのシーブストとキャラメリゼした紅玉林檎」です。

下にはパートブリックが敷かれ、お皿の奥の焼き林檎のソルベが添えられていました。


 小菓子とハーブティーです。

ハーブティーは、レモングラス、ジュニパーベリー、ローズマリーなどをブレンドしたものです。


家内の誕生日ということでバースデー・プレートもご用意頂きました。

ジョンティ・アッシュの皆様、お世話になりました。


帰りには、お土産に焼き菓子を頂きました。

本日紹介のフレンチ・レストラン「gentil H(ジョンティ・アッシュ)」さんの住所は以下です。


住所  東京都白金台5-18-17ゴールドフォレストビル2F

tel    03-5447-8889

営業時間  ランチ12:00~15:30(L.O 13:00) ディナー18:00~23:00(L.O 21:30)

定休日 月曜日中心に月6回休み

おすすめでございます!


0 件のコメント:

コメントを投稿