2015/10/04

キャットマンの散歩「門司港」おもな見どころ!!

本日は、かつて欧州、上海などへの外国航路の拠点として栄えた福岡県北九州市の最北端「門司港」を紹介致します。

関門海峡を挟んで対岸は、下関となります。

バナナの叩き売り発祥の地でも知られるこの街は、レトロな洋館が立ち並び、ノスタルジックな雰囲気のエリアです。

こちらは「旧門司税関」です。


明治の港湾都市施設の面影を今に伝える貴重な建築物です。


こちらは「北九州市立国際友好記念図書館」です。


北九州市により整備された、歴史的建造物の複製建築物です。


こちらのビルは、建築家の黒川紀章 氏が設計した高級マンションです。


最上階にある「門司港レトロ展望室」があります。


こちらは門司港レトロ観光列車「潮風号」です。


門司港レトロ地区と和布刈地区の間2kmを結ぶ観光トロッコ列車です。


こちらは「九州鉄道記念館」です。


鉄道の歴史が楽しく学べる記念館です。


こちらは「関門海峡ミュージアム」です。


関門海峡の過去と現在が体験出来る施設です。


こちらは「関門橋」です。


門司と下関を跨ぐ道路橋です。


こちらは「旧門司三井倶楽部」です。


三井物産が社交クラブとして使用した建物です。


こちらは「旧大阪商船」です。


建物の2階には、わたせせいぞうと海のギャラリーがあります。


門司港の名物は"焼きカレー"です。


こちらは上戸彩さんが絶賛した【スーパー焼きカレー】が有名で行列が出来る「BEAR FRUITS」さんです。

また門司港に来る機会がありましたらフグ料理も食べたいと思います。

門司港もおすすめです!











0 件のコメント:

コメントを投稿