2016/03/03

おすすめのクラフトジン紹介「Nolet's Silver Dry Gin」!!


本日はカクテルバー・ネマニャに先月入荷したオランダ産のジン「ノレッツ・シルバー・ドライ・ジン(Nolet's Silver Dry Gin)」をご紹介します。

このジンは、日本でも人気となっている"Ketel One Vodka"を造っていることで知られるオランダ・スキーダムのノレット蒸留所のドライ・ジンです。

ノレット蒸留所は1691年、オランダ・スキーダムにて創業。

今年は記念すべき創業325周年で記念ボトルも発売しています。

ファミリーで11代続いている名門で、過去にスキーダム市長も輩出している家系です。

ノレッツ・シルバーは、ベースのスピリッツに欧州産の小麦を使用しており、ボタニカルにはターキッシュ・ローズ、ラズベリー、桃、洋梨、リコリス、ライム、オリスルートなどを使用しています。


純度の高い自然な芳香成分や風味を引き出すため、個別に蒸留したり浸漬しており、浸漬時間は24時間とのことです。

蒸留は銅製のポットスティルで行い、各バッチ毎に当主及びご子息が最終チェックされるそうです。

正確なボタニカルの種類と内容に関して、家内が蒸留所にメールしたところ、ボタニカルに関しては全ては公表出来ないとのことでしたが製造法については教えて頂きました。

情報についてご興味がある方は、ご来店の際にお尋ねくださいませ。

こちらの製品は、強い薔薇とラズベリー香が特徴で、今まで当店で取扱ってきたジンのどれとも異なるタイプのジンです。

このジンのプレミアム品「NOLET'S Reserve Dry Gin」は、1本700ユーロ(本日のレートですと約87000円)というお値段です。


今まで世界で一番高級なジンでしたが、昨年末英国で1本2000ポンド(約32万円)のジンが登場し、【世界で2番目に高いジン】となりました。

ノレッツ・シルバー・ドライ・ジンを使用したおすすめカクテルは、私のセンスでは「ブランブル(Bramble)」ですが、蒸留所のおすすめはケテルワンとで作るジェームズ・ボンドのマティー二「ヴェスパー(Vesper)」「フレンチ75(French 75)」とのことです。

カクテルも是非お試し下さいませ!




0 件のコメント:

コメントを投稿