2018/05/12

フェルディナンズ・ジン・マスタークラスとマスターディスティラー&ブランド開発者来日記念パーティー


いよいよ明後日2018年5月14日(月)はカクテルバー・ネマニャにて「フェルディナンズ・ザール・ドライ・ジン・マスタークラス」開催。

また同会場で18時から20時、マスターディスティラーのアンドレアスさんとブランド開発者のキャプレット&モンタンーニュのデニス社長を囲んだ「来日記念フェルディナンズ・パーティー」も開催され、共に満席となります。

ご予約してくださった皆様、ありがとうございます。


デニスさん、アンドレアスさんは、木曜日に無事来日されました。

本日と明後日は、東京バーショーで株式会社 田地商店(信濃屋食品)様のブースにいらっしゃいます。

14日のカクテルバー・ネマニャは、パーティー終了後の通常営業をお休みさせていただきます。


今日は店内にあるレアなフェルディナンズ・ジンをご紹介させて頂きます。

写真はフェルディナンズの66.6%。



左は日本でも販売となっている「Distillery Strength」。

中央はミュンヘンの「Edition Barzirkel」、右はコペンハーゲンの「Edition 1975 by Simon」。

それぞれ横張のラベルと味わいも違います。

またスタンダードの44%も今と以前のボトルデザインと添加のシュペトレーゼが違います。


左からシュペトレーゼ2009時代、中央がシュペトレーゼ2010時代、現在のボトルデザインになるのが右の2011年からでトップの部分に文字が入ります。

それぞれトップの部分が大きく違い、若干味わいも違います。

現在ネマニャで飲み比べも出来ます(セミナーやパーティーではご利用できません)!


日本には昨年の7月7日から発売開始!

取り扱いはシュペトレーゼ2014添加のものからでラベルの青色が濃くなりました。


左はシュペトレーゼ2011添加、右が2014添加で、ラベルの色の濃さが比較出来ます。


また日本には輸入されていない45%の「Edition Sansibar」も通常営業でご用意しております。

フェルディナンズ・ジンの中では一番ドライな味わい。


剣が描かれるのが特徴で包装紙にも剣が描かれる細かさ。


まだ飲まれた事がない皆様、是非ぜひフェルディナンズ・ジンをお試し下さい!

今からセミナーとパーティーが楽しみですね(^-^)

ご予約された皆様のご来場も心よりお待ちしております!

0 件のコメント:

コメントを投稿