2018/06/04

日本のBAR発祥地である山下町70番地でお酒を楽しむ!


日本初のバーが誕生したのは1860年2月24日です。

1860年(安政7年)の2月24日に現在の横浜の山下町70番地(住友海上・上野共同ビル)の場所に日本初のホテルとなるヨコハマ・ホテルが開業しました。

その中に洋式バーが設けられバーテンダーにはジャマイカ人でイギリス国籍のマコーリー氏が就任致しました。

ヨコハマ・ホテルの経営者は、オランダ船籍ナッソウ号元船長のC.J.フフナーゲル氏。

このホテルにはシーボルト父子や、画家のW.ハイネなども滞在していたとの事。

1863年(文久3年)に、ホテルは一旦閉鎖。

1864年(文久4年)に新装開店。

1866年(慶応2年)に大火で焼失。

1862年(文久2年)にヨコハマホテルのバーで働いていたマコーリー氏は、居留地86番(横浜海員会館付近)に「ロイヤル・ブリティッシュ・ホテル」を開業し、コーヒールームやボーリング場も設備した。



日本のBAR発祥の地である【山下町70番地】は、現在の「フランス料理&洋菓子 横浜かをり」となっています。




横浜かをり さんにはバーがありませんが、ティーラウンジでお酒を楽しむ事が出来ます。




注文出来るお酒はスコッチで、そのままか水割りが注文出来ます。

こちらの水割りは、タンブラーで作られるハーフ&ハーフスタイル。



かをりスタイルのスコッチ水割りです(^-^)

またこちらは西洋料理と洋菓子の発祥地としても有名です。



かをり名物の「レーズンサンド」も頂けるのは有難いです^ ^



日本のバー発祥の地で一杯は、なんだか重みを感じました。



横浜には発祥地が沢山ありますので発祥地巡りも面白いですよ!



0 件のコメント:

コメントを投稿