2016/12/10

三浦半島で海岸植物見学


昨日は東京薬用植物園の池村さん主催の「ゆるゆる散歩 Take 8」に参加し、三浦半島の海辺に行き晩秋から初冬にかけての海岸植物群落を見学してきました。

10時15分に京浜急行 三崎口駅に集合し、大根とキャベツの畑を眺めながら三浦半島へと向かいました。



徒歩数十分で目的地に到着。

絶景な場所で驚きました...



時代劇のロケ地によく使われている場所で、ウルトラセブンでも使われていた場所だそうです。

この日は、風強かったですが、天気に恵まれ気持ちよく植物見物が出来ました。


この時期は「イソギク」が沢山開花しておりました。

香りがとても良く、芳香蒸留水に使えそうなので少し摘み取りました。


他にも花や実、香りの良い植物が沢山ありました。



天然の「シャリンバイ」



「ノハラアザミ」



「ツワブキ」


「ハマボッス」


「トベラ」


「マサキ」



「ウシハコベ」


「ローズヒップ」


「オナモミ」


「オキザリス」


「ボタンボウフウ(長命草)」


「ハマゴウ」


氣水(陶器製蒸留器で造る芳香蒸留水)や研究の非売品ジンのボタニカル用に一部摘み取りました(^_^)

とても楽しくて勉強になる一日でした。

主催された池村さん、大変お世話になり有難うございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿