2015/01/13

キャットマンの散歩「ハイデルベルク」のおもな見どころ!!

本日は、ネッカー川に沿って広がる城下町、ドイツの「ハイデルベルグ(Heidelberg)」を紹介致します。

山の上の古城やドイツ最古の大学、バロック風の街並みが残ります。


人口は約14万5600人です。

18世紀から、多くの詩人や芸術家が訪れ、この町を称える作品を生み出していると言います。





写真上が古城の「ハイデルベルグ城」です。

13世紀頃からプファルツ伯の居城として拡張を続けた城です。


バロック、ゴシック、ルネッサンスなどの様式が見られます。

こちらは「エリーザベト門」です。


1615年に建設されたシュトュックガルデンへの入口です。

こちらは「ディッカー塔」です。


ルートヴィヒ5世が防御のために築いたもので、高さは40mになります。

現在は、戦争や火事で破壊され、廃墟の城となります。


一部再建された城の内部はガイドツアーで見学出来ます。


こちらは「ネッカー川」です。


ライン川の支流となります。


こちらは「カール・テオドール橋の門」です。


カール・テオドール橋は、正式にはアルテ橋と言います。


こちらは「ハイデルベルク大学」です。


1386年創立の大学で、8人のノーベル賞受賞者を輩出しております。


こちらは「ハイデルベルク市庁舎」です。


市庁舎は、コルンマルクト広場にあります。


こちらは「聖霊教会」です。


マルクス広場に建つ教会です。

ハウプト通りと、マルクス広場周辺には多くのショップやレストランがありました。


ハイデルベルクもとても素敵な町でした!



0 件のコメント:

コメントを投稿