2015/01/19

キャットマンの散歩「エッセン」のおもな見どころ!!

本日は、世界遺産のツォルフェライン炭鉱跡で有名なドイツ・ルール地方の中心都市「エッセン(Essen)」を紹介致します。

人口約576300人となります。

ICまたはICE特急でケルンから約50分、ドルトムントから約20分、デュッセルドルフからは約30キロの場所です。



写真上は「エッセン中央駅」です。

おもな見どころは、エッセン中央駅を挟んで南北に分散しています。


文化的な観光名所を結んだ"クルトゥーアプファード"と呼ばれる約4kmのコースが設定されています。

青く光る敷石がコース上の歩道に埋め込まれています。


写真の「クルトゥーアプファードの青石」を辿り観光すると便利です。

こちらは「シュタットガルテン」です。


公園の中央には、美しい池があります。


こちらは「フィルハーモニー・エッセン」です。


今年のニューイヤー・コンサートで行って参りました。

音の響きがとても素晴らしいホールです。


こちらは「エッセン大聖堂」です。


こちらは街中を走る「トラム」です。


世界遺産の炭鉱跡までは、エッセン中央駅から、こちらのトラムで約20分のZollvereinで下車となります。


こちらが世界遺産「ツォルフェライン炭鉱跡」です。




世界で最も美しい炭鉱と言われております。


1986年まで操業していた最後の炭鉱所です。



写真上は、ツォルフェライン炭鉱跡内です。


こちらは炭鉱跡にある「ルール博物館」です。


博物館では、ルール地方の産業、自然、歴史、文化に関するフロアが展開します。


こちらは、路面電車のErnestinenstrabe駅の目の前の教会です。


こちらは「ニコラウス教会」です。


こちらは「マルクト教会」です。


こちらはマルクト広場にあった観覧車と銅像です。


こちらは「ヨーロッパ・ハウス」です。


多くの飲食店やショップが並びます。


こちらは「旧シナゴーグ」です。


こちらは旧シナゴーグのお隣の建物です。


こちらは「グリロー・シアター」です。


こちらは「モーベン・ピック・ホテル・エッセン」です。


こちらは「エッセンRWE本社」です。


ライン・ヴェスト・ファーレン電力会社の本社タワー・ビルです。


こちらは「アールト・シアター」です。


 こちらは、「エムズチャー・ハウス」です。


こちらは「ロバート・シュミット職業訓練技術学校」です。


他、素敵な教会も沢山ありました。


こちらは「エッセンのニューイヤーの花火」です。

90分くらい見ることが出来て、町の人びとが勝手に上げているようでした。


エッセンも良いところでした!


0 件のコメント:

コメントを投稿